佐賀駅から南へ車で10分、水ケ江
大崎の交差点付近

腰部脊柱管狭窄症

このような症状でお困りではありませんか?

  • 両殿部と左右の太もも、ふくらはぎに痛み、シビレ、違和感がある
  • 足の甲や裏に痛み、シビレ、違和感がある
  • 上体をそらすと症状がひどくなる
  • 歩行時に痛みがひどくなるが、背中を丸めると症状が楽になる
  • 足に力が入らない
  • 病院へ何度も通うが、状態が変わらない
  • 手術後すぐは良かったが、以前と同じ症状が現れた

そのお悩み、根本改善出来ます。

腰部脊柱管狭窄症は、椎間板や椎体の変形、脊柱管内の靭帯が分厚くなる、腰痛すべり症などで腰椎の中を通る脊柱管内が狭くなると馬尾や神経根が圧迫され坐骨神経痛などの症状が現れます。

又、脊柱管内は上体をそらすと狭くなる仕組みとなっており、それが原因で馬尾、神経根が圧迫されると同様の症状が現れます。

しかしながら、解明されていない部分もあり、何度も手術をしても改善しない…逆に上記の状態であっても症状が出ない方も多数いらっしゃいます。

当院の腰部脊柱管狭窄症の治療について

1.「何故、その部位が狭窄してしまったのか?」
カウンセリングと腰の検査等で、その原因を探ります。

2.狭窄した原因と考えられる筋肉と筋膜の状態を触診します。

3.2をほぐし、緊張を緩めます。

4.上記と別に症状として現れている部位をほぐして緩め血行を促進させます。

5.最後に来院時との痛みの変化を確認します。

病院で痛み止めと別に「血行が良くなる薬」を処方されていませんか?血流が良くなると症状が緩和されるケースが多いです。
当院は関連部位、症状が現れている部位をほぐして血行を促進させ短期改善を目指していますが、御自宅等では痛い部位に温湿布やカイロを貼り、温めると症状が緩和されると思います。

当院は腰部脊柱管狭窄症に対し主に脊柱起立筋、深層外旋六筋、大腿筋膜張筋、腸腰筋、ハムストリング、腓腹筋、縫工筋、長内転筋などを調整し短期改善を目指しています。

「病院へ何度通っても…」「手術を2〜3回したが…」でお悩みの方、一度来院されてみませんか?

電話:0952-22-5777
LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40iia5701q

何処へ行っても改善しない
「腰痛・坐骨神経痛」でお悩みのあなたへ

毎月先着5名様限定割引!

予約多数のため残り4名様!

慢性腰痛を本気でどうにかしたい方は、今すぐお電話を!

腰痛を本気で改善したいあなたは、今すぐお電話を!

0952-22-5777

受付時間9:00~19:00
(土日祝は9:00~17:00)

ご予約・ご相談はこちらから