佐賀駅から南へ車で10分、水ケ江
大崎の交差点付近

腰椎変性すべり症

このような症状でお困りではありませんか?

  • 殿部や太もも、ふくらはぎに痛み、シビレ、違和感がある
  • しばらく歩くと殿部や太もも、ふくらはぎが痛くなりしゃがむと症状が楽になる
  • 慢性的に腰が痛い
  • 病院や整骨院などで治療を受けているが、なかなか改善しない
  • 薬を飲み、湿布をしても症状が緩和しない

そのお悩み、根本改善出来ます。

腰椎変性すべり症は、腰椎を固定している椎間板や靭帯、関節などが変性し腰椎が安定を失う(すべる)事で脊柱管が狭くなり馬尾神経や神経根を圧迫し腰痛や坐骨神経痛の症状を起こします。

椎間板や靭帯、関節の変性ついては、「原因がわからない」という文面をよく見かけますが、当院は、主の原因を「腸腰筋の緊張」と考えます。腰部脊柱起立筋のすぐ横を走行する腸腰筋は、股関節をまたぎ太もも内側の小転子に付着しています。この筋肉が緊張し硬くなると前へと迫り出されるのですが、この際に腰椎も一緒に迫り出され留め具である椎間板、靭帯、関節へ負担が生じ長期にかけて変性していくと考えます。

当院の腰椎変性すべり症の治療について

当院は、腰椎変性すべり症の施術で腸腰筋の緊張を緩める事を主に関連する長内転筋、縫工筋、後脛骨筋、深層外旋六筋などをほぐして緩め短期改善を目指します。
腸腰筋の緊張については、コリの強い部分を上から小転子部位まで徹底して緩めるので改善率が高いです。

すべり症の腰痛は背中側から腰を強く押す、揉む等すると症状が悪化します。御自宅では、お腹を暖めたり太腿の内側を揉むと症状緩和すると思います。又、過剰な飲食や冷たい物を摂りすぎると腸腰筋が疲労し症状悪化しますので注意して下さい。

当院は腰椎変性すべり症の治療に強い腰痛専門の整体院です。

「病院へ何度通っても…」「手術を2〜3回したが…」でお悩みの方、一度来院されてみませんか?

電話:0952-22-5777
LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40iia5701q

何処へ行っても改善しない
「腰痛・坐骨神経痛」でお悩みのあなたへ

毎月先着5名様限定割引!

予約多数のため残り4名様!

慢性腰痛を本気でどうにかしたい方は、今すぐお電話を!

腰痛を本気で改善したいあなたは、今すぐお電話を!

0952-22-5777

受付時間9:00~19:00
(土日祝は9:00~17:00)

ご予約・ご相談はこちらから